飯塚としゆき オフィシャルサイト

 
 
 

 

 
 

ともに前へ

ともに前へ
 
出雲・平田・佐田・多伎・湖陵・大社・斐川地域からなる出雲市は、それぞれの地域の特性・特色を発揮し、産業・農林水産業・観光・医療など多くの分野において国内外で注目される魅力的なまちへと成長してきました。
今、世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症の影響は、出雲市でも例外なく大きなダメージを与えていますが、私たちにはそれに打ち克ちいち早く回復するための地域力や高い潜在力があります。そして、古来より連綿と引き継がれてきた絆は、人々への温かい愛情と思いやりの心を育み、不安な今日において大きな拠りどころとなっています。
心ならずもこの先の4年間“ウイズ・コロナ”の中で、いかに安心して健全な生活が送れるのか、いかに地域経済を支えていくのかが市政の最重要課題になってきます。
私は市民の皆さんと一緒にスクラムを組み、団結して立ち向かい、この困難を克服し明るい展望を見出したいと思います。
そして、私自身出雲市政の更なる発展のため、市民の皆さまの先頭に立って全身全霊を傾けてまいります。
 
4つのキーワード 1点目

市政への想いとして4つのキーワードをあげさせて頂きます。

まず1点目は「即戦力」であります。

いまだ新型コロナウイルス感染症の収束の目途が見通せない中、市民の安心安全な生活を守り、市政に明るい希望の光を見出すためには、出雲市政を遅滞なく引き継ぐことが必要だと考えております。

私は312年市議会議員として市政に携わり出雲・平田・佐田・多伎・湖陵・大社・斐川地域の課題や様々な業種での課題を把握し、解決に向けた取り組みをしてきました。

また出雲市も市町村合併後様々な課題を抱えながらも市民が一体となって課題解決に取り組んできました。

私はその礎の上に新しい視点や独自の考えを取りいれさらに出雲市を発展させるため、ゼロからの引継ぎではなく、行政課題も把握した即戦力として出雲市のかじ取りを行ってまいります。

 
4つのキーワード 2点目

2点目は、「一体感」であります。

私は平成14年に設立された25町の出雲地区合併協議会、平成16年に設立された24町の出雲地区合併協議会にいずれも最年少委員として参加しました。

その合併協議会での議論の核心・願いは、それぞれの地域が地域課題やしがらみを乗り越え同じ圏域が一緒になって大きな飛躍を遂げていこうと思いを一つにしたことです。

いかに新市の一体感を醸成していくのかが、合併のテーマでありました。

24町の合併から16年、斐川町が加わった合併から10年が経過しようとしている今、真に出雲市が一体となったと実感が持てるよう、その原点に立ち戻り未来志向のALL出雲のトップリーダーとして出雲市をけん引していきたいと思います。

またそれぞれの地域の特性を生かし、認めあい、魅力ある地域であることを共有し発展するためのコーディネーターでありたいとも思います。
 
4つのキーワード 3点目

3点目は、「民間出身」であります。

私は312年議員活動を行ってきましたが、同時に企業経営者として経済の第一線で働いてきました。

100年以上続いている家業を引継ました。また30代半ばにはケーブルテレビを起業し、私にとっては未知の分野にもチャレンジしてきました。

全く違う業種ではありますが、企業経営を通じ創意工夫すること、人と人のつながりを大切にすること、誠実に対応すること、柔軟に考え対応すること、絶えず情熱を傾け取り組むことなど多くのことを学び、実践してきました。

そして各種団体に所属し、見識や人的ネットワークを広げてきました。

また現在のコロナ禍のような厳しい状況下での試練も経験してきました。

これら民間で培った経験を強みに自ら考え行動できる行政運営、経営バランスを取り入れた財政運営、市民の立場に立った人材の育成を確かなものにし、未来への希望につなげていきたいと思います。

 
4つのキーワード 4点目

4点目は「前へ」です。

この言葉は、明治大学ラグビー部の北島忠治元監督の著書の一説から取りました。

要約すると、長い人生だから数多くの障害物にぶつかるだろう。かわすことによって乗り越えられる障害物ならいい。しかし、本当に大きくて深刻な問題と直面した時は、体当たりで乗り越えていくしかない。

とにかくためらわず前へ進め。それが長い道のりかもしれないが、ゴールへの最も近い道であると。

いま私たちは、新型コロナウイルス感染症という非常に大きな障害物にぶつかっています。

私は次の市政運営を担う4年間は、願いはありますがまだポスト・コロナ、ゼロ・コロナではなくウイズ・コロナの時代だと認識しています。

そのような中、市民が一丸となってスクラムを組み、心を合わせ、少しずつ前へ進んでいき、この障害物を乗り越えたいと思います。

以上、4点をキーワードに市政運営を担ってまいりたいと考えております。

飯塚としゆき後援会
〒693-0023
島根県出雲市塩冶有原町2-13
TEL:0853-31-8588
FAX:0853-31-8525

025267
<<飯塚としゆき後援会 >> 〒693-0023 島根県出雲市塩冶有原町2-13 TEL:0853-31-8588 FAX:0853-31-8525