出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2011

 

ブログ2011 〜うさぎの上り坂〜

ブログ2011 〜うさぎの上り坂〜
フォーム
 
戦没者慰霊祭
2011-10-04
平田地区戦没者慰霊祭(主催:平田地区社会福祉協議会)が、平田仏教会のご奉仕により執り行われました。
この慰霊祭は、日清・日露戦争から太平洋戦争に至る間の戦没者303柱の御霊に対し追悼をするものです。
主催者の岡俊文平田地区社会福祉協議会会長は「先の大戦が終わり66年が過ぎました。あの苛烈を極めた戦いの中で祖国の安泰を願い、家庭を案じつつ戦場に散り、戦禍に倒れ、あるいは戦後遠い異郷の地に無念の死を遂げられた戦没者の方々に思いをはせるとき、ご遺族の皆様の深い苦しみ、悲痛の念が今なお胸に迫ってまいります。
平和で豊かな今日こそ、戦争の悲惨な尊い犠牲の上にあったことを忘れてはいけません。恒久平和の確立が私たちに課せられた最大の責務であります。戦争の惨禍だけは二度と繰りかえすことなく、より良い社会の実現に全力を尽くしてまいります」と御霊に誓いを述べられました。
戦争を経験された方々やご遺族の方々も年々高齢になってきました。
私たちは先の大戦から学んだ多くの教訓を心に刻み、子々孫々に語り継ぎ、そして何よりも決して風化させぬようにしなければなりません。
 
新しい出雲市の誕生
2011-10-03
出雲市と斐川町は10月1日に合併し、人口17万5000人、624k?の新しい「出雲市」が誕生しました。
かねてより歴史や文化を共有し、豊かな自然環境に恵まれた地域が一体となった意義は大きなものがあります。
合併後の出雲市の製造品出荷額は4211億円と県全体の約4割、農業産出荷額は148億5千万円、商品販売額は3449億円とそれぞれ県全体の約4分の1を占め、県内の工業・農業・商業のけん引役が期待されます。また出雲空港、河下港、山陰自動車道と環日本海交流の機能も担える交通拠点であり、山陰有数の医療福祉の拠点にもなりました。
今後はこの合併が単に2つの自治体の足し算に終わることなく、互いに持つ個性を活かし、更に大きく飛躍・発展していくよう努めていかねばなりません。
同日開催された合併記念式典で長岡市長は「ここまでの道のりは決して平坦ではなかったが、すでに生活圏や経済圏が一体となっている両市町が一緒になることは意義深い。合併協議は対等な立場と互譲の精神で臨んだ。終始温かいご理解とご支援をいただいた市民の皆様に感謝申し上げます。若者や子どもをはじめすべての市民が夢や希望の持てる『五つ星の出雲市』の実現に向けて全力で取り組んでまいります」と新しい門出に力強く挨拶を行ないました。
私は平成14年、平成16年に設置された合併協議会で旧平田市からの選出で委員を務めました。特に斐川町も加わっていた2市5町での合併協議を経験したこともあり、感慨深いものがありました。また同時に両協議会を通じ最年少委員であったこともあり「この合併に対し一番最後まで責任を持たなければならない」と心に期したことを改めて思い返しました。合併して良かったと誰もが実感できるよう、微力をささげていきたいと思います。
『出雲市』の更なる飛躍を期待します!
 
9月議会閉会
2011-09-30
出雲市議会の9月議会が閉会しました。
この議会に上程された補正予算案4件、合併関連予算案8件、条例案3件、合併に伴う条例案112件、決算認定案20件などは各委員会で審査され、いずれの議案も可決されました。
決算委員会の報告で、毎年のことではありますが、税の未収金について言及がありました。
平成22年度決算では一般会計と特別会計で15億3200万円が未回収となっています。
多くの市民は長引く不況の中でも懸命に負担していただいています。公平・公正の面からも一層の収納努力を要請いたします。
9月議会の閉会にあたり、長岡市長は「出雲市では10月・11月を『神在月文化振興月間』と定め、この間さまざまなイベントを行ないます。出雲の良さを再発見し、出雲に暮らして良かったと実感してもらえるようにしたいと思います。また島根富士通で製造するノートパソコンが10月1日から『出雲モデル』として世界に広まります。これも合併効果のあらわれです」
そして最後に「いよいよ2日後に斐川町との合併が行なわれ17万5000人の出雲市が誕生します。すべての市民に夢と希望が持てる『5つ星』の出雲市を目指します」と締めくくりました。
 
一畑の杜コンサート
2011-09-29
初秋のさわやかな風・虫の音・月の光のもと出雲市一畑寺で「一畑の杜コンサート」が行なわれました。
このコンサートは、この地域での演奏会が少なくなっている昨今、本格的なクラシック音楽を多くの人に聞いていただきたいとの思いを持つ有志により2003年9月から始まりました。(私は音楽には門外漢でありますが、当初より実行委員会のメンバーとしてお手伝いをしています。)
台風などで中止になったこともありましたが、今回8回目の開催となりました。
毎回日本を代表する弦楽演奏家や声楽家をお招きするこの演奏会は、一畑寺の観音堂の静寂で清らかな空間と相まって神秘的な音色を広く響かせてくれます。
今回はいつもお世話になっているNHK交響楽団コンサートマスターの篠崎史紀氏と琴奏者の山野安珠美氏をお迎えし、ヴァイオリンと琴の絶妙なコラボレーションが実現しました。観客の皆さんにも大いに満足していただける秋の夜となりました。
日々の喧騒を忘れ、穏やかに感じ入る、そんな機会がこれからも提供していきたいと思います。

*コンサートマスター
オーケストラの第1ヴァイオリンの主席演者。楽団のリーダーで指導的立場にあり、時には指揮者の代わりやサポートを務める。
 
秋の運動会
2011-09-26
平田地域では25日に各地区で運動会が行なわれました。
平田地域では数年前より、9月の最終日曜日を地区民体育大会の日として全地区一斉に行なっています。この日は小学校や中学校も登校日になり、小中学生の競技も楽しめます。
また中学生は大会運営の手伝いを行なってくれ、私も体協メンバーですが、大変頼りになり運営負担も随分軽減したと感じています。中学生にとっても、遠慮ない体協メンバー?との関わりは有意義なものではないでしょうか。
この運動会は子どもからお年寄りまで一堂に会する数少ない行事であり、家族間の絆や地域とのつながりなどを再確認する良い機会だと思います。
大会は終日秋晴れのさわやかな天候の下、大きな怪我もなく、真剣勝負のときもあれば、笑いを誘う場面もあり楽しい運動会になりました。
私は早朝の準備から終了後の片づけまで体協メンバーとして運営を行なうかたわら、競技には「飲み食い競争」に参加しました。粉まみれになりながら大福を探しましたが、結果は・・・・
町内へ帰ってからの直会は、各人のいろいろな?健闘を称え、大いに盛り上がりを見せました!

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

013720
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161