出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2013

 

ブログ2013 〜常山の蛇勢〜

ブログ2013 〜常山の蛇勢〜
フォーム
 
光幼稚園創立60周年
2013-11-11
私立光幼稚園創立60周年の記念式典と記念行事が開催され、在園児・保護者・地元関係者・卒園生など多くの皆さんがお祝いしました。
記念式典は昔も今も変わらない元気一杯な光幼稚園児によるオープニングで始まりました。
西谷正文理事長は「昭和28年に創立した光幼稚園は、今年60年を迎えました。
この間3600名を超える卒園児を送り出してきました。また地域の皆さんや保護者の方にも大変お世話になり感謝申し上げます。今後もより良い教育の場を提供できるよう尽力していきます」と祝辞を述べられました。
また西谷智英前理事長は「昭和27年に灘分地区の皆さんから県道ができ子供の遊び場が危険になっているので、何とかして欲しいとの相談を受けました。
要望に応えるため、以前託児所をやっていたこともあり、幼稚園を開設することにしました。島根県で最初の私立幼稚園でした。多くの皆さんに愛されてきた光幼稚園が、これからも愛され続きますよう願っています」と創立当初を振り返りながらの挨拶がありました。
記念行事は、あいにくの雨天でグラウンドを使った催し物はできませんでしたが、園舎などを使ったアトラクションが行なわれ、子供たちの楽しそうな声が響き渡っていました。
浄土真宗系の法人が運営されていることもあり「感謝する子供、手を合わせおもいやりのある子供」に育って欲しいと、我が家の子供たちはすべて光幼稚園でお世話になりました。
先生方には日々よく子供たちを観察し指導していただき感謝しています。
今後も光幼稚園が地域の子供たちの健やかな育ちの場であることを願っています。
 
光幼稚園は幼稚園と保育園が一体となった「認定こども園」への来年4月の移行を目指し、現在準備中です。
詳しくは http://izumo-hikari.com/ (光幼稚園HP)
 
原発合同視察
2013-11-07
出雲市議会の原子力・新エネルギー調査特別委員会と総務常任委員会は合同で、島根原子力規制事務所と島根原子力発電所を視察しました。
市役所からは長岡市長はじめ関係部署も同行し、原子力防災とオフサイトセンターの活動、島根原発の安全対策実施状況などの説明を受けました。
 
島根原発では、中国電力から「福島第一原子力発電所の事故以来、順次安全対策を進めてきました。7月8日には原子力規制委員会の安全に対する新基準が施行されました。この新基準に合致することはもちろんですが、それ以上の世界最高水準の安全性を目指して取り組んでいます」と冒頭挨拶がありました。
出雲市の長岡市長は「出雲市は島根原発から半径30km圏内に人口のほとんどが暮らしており、一部10kmのところもあります。中国電力からは逐次報告は受けていますが、今日は安全対策等しっかりと見ていきたい」と挨拶がありました。
現在島根原発では、安全対策として
     浸水を防ぐ対策
     原子炉や使用済み燃料プールを冷やすために必要な電源を確保する対策
     原子炉や使用済み燃料プールを冷やす対策
     原子炉が重大な損傷を受けた場合の対策
     緊急時に必要となる資機材・設備の点検及び緊急時の対応手順の確認・訓練等
などが行なわれており、説明の後実際に現地視察を行ないました。
津波を想定した防護壁の強化や建物への浸水を防ぐ水密扉など新基準以上の安全対策を行われており、世界最高水準の安全性に向けた取り組みも確認できました。
しかし、安全対策と原発の再稼動は別の話であり、再稼動を行なう意思がある場合十分な情報共有と情報公開をしていくよう求めました。
私は最後の挨拶で「長岡市長がかねてより発言されている『出雲市は原発に関しリスクだけを負って、何も権限も与えられないのはおかしい』という発言に、議会も賛同しています。議会としても安全協定の締結を求めていきたい」と述べました。
 
島根原子力規制事務所では、主に原子力災害対策の指針について説明を受けました。
また島根県における原子力防災の特徴として、島根原発が唯一の県庁所在地に位置することから、行政機関や5kmや30km以内の人口が多いことなどがあげられています。
行政機関についてはリスク分散の必要があると思います。また避難時の混雑が予想されることから避難道路の確保が必要です。
 
平田ママさんバレー選手権
2013-11-05
第9回平田ママさんバレーボール選手権大会が開催され、9チームが熱戦を繰り広げました。
今年は8月に平田ママさん創立30周年記念事業として「NECロケッツバレーボール教室in出雲」が開催され、全日本や実業団で活躍された選手から直接指導を受けたこともあり、各チームが技術面の向上やチームワークの良さがいかされた大会となりました。
【試合結果】
優 勝  平田同好会(大会3連覇)
準優勝  西田Twinkle
3 位  国富ブルーミング
3 位  檜山クラブ
 
閉会にあたり「大会3連覇を達成した平田同好会でありますが、平素練習場所にしている平田小学校屋内運動場が9月の火災で全焼したため、練習日、練習場所などの確保に大変苦労されました。
ゆえに今大会の優勝は喜びも一段と大きいものがあったと思います。
また、この状況下各チームが練習試合を組んだり、練習場所を提供したりと、誰もが助け合い、練習を支援していることに温かい絆を感じました。
このような状況は、まだ数年は続くと思われますが、引き続き協力し合いながら、日々の練習に取り組んでいただきたいと思います。
またNECバレーボール教室のコーチは、『平田地域のママさん、小中学生ともに豊富な練習を行なっているチームだと思います。どのチームも大差なく、どのチームも優勝が狙っていけます』と総括をいただきました。今後一層の精進を期待したいと思います」と挨拶しました。
 
行財政特別委員会の視察
2013-11-01
行財政改革特別委員会で岡山県倉敷市、静岡県浜松市、千葉県佐倉市を視察しました。
この三市は委員会でも講師を招き研究を重ねている「FM(ファシリティ・マネージメント)」の先進地であり、その取り組みや課題について研修しました。
現在多くの自治体が市町村合併に伴い、多くの類似施設を保有するようになったこと。施設の老朽化に伴う建替えや大規模改修など維持管理費が増大してきていること。これらは各自治体の共通した課題となっており、その解決策のひとつとしてFMの手法が採用されています。
いずれも現状把握として保有施設の老朽度や更新・維持管理費用を出し、解決に向かうというFMの基本・ベースになっているものは共通していますが、各自治体がそれぞれの実情や地域事情に基づき実施されていました。
倉敷市では、FMを推進する上で積極的に外部の専門家を採用、浜松市・佐倉市では庁内の人材を登用して取り組んでいます。
     庁内意識改革
     組織体制(事務職、担当課だけでなく、技術職の参画)
     施設白書、施設カルテの作成・公表
     FM推進協議会へ参加し、先進自治体の情報を得る
     将来を見据えた計画
など、どの自治体からも重要性が示されました。
 
市民にとっても現状と今後の統廃合・再配置の重要性という総論は賛成されるが、個別の施設の問題になると丁寧な議論が必要であるということです。
良く理解できる話であります。しかし出雲市はまだそこまで至っていない現状です。
早急な取り組みが必要です。
具体的な再配置や機能縮小など多くの事例を学ぶとともに、その考え方に感心することも多く大変参考になった視察でした。
 
各地域でのイベントは大盛況
2013-10-27
秋晴れの日曜日、各地で様々なイベントが開催され各会場には多くの人が訪れました。
平田地域では、武蔵坊弁慶まつり、一畑薬師マラソン大会、雲州平田まちあそび〜バラ色の人生ゲーム、のうぎょう祭りなどが開催されました。
「第38回出雲國鰐淵寺 武蔵坊弁慶まつり」
弁慶にまつわる伝説はたくさんありますが、出雲地方では弁慶は鰐淵寺で修行し、その後鳥取県の大山寺から一夜で釣鐘を鰐淵寺まで担いで帰ったという伝説があります。
この伝説にちなみ弁慶まつりが開催され、子供たちの健やかな成長を願い、弁慶が僧兵を引き連れ本堂まで練り歩きます。
今年の三十八代弁慶は国富町の三代和彦さんが立派につとめあげられました!
 
「第35回一畑薬師マラソン大会」
この大会はラストに待ち受ける1138段の石段を駆け上がるという全国的にも目面しいコースとして知られています。
今大会には、全国から1572名のランナーが5km、10kmの部で健脚を競いました。
最高齢は広島県からエントリーされた89歳の男性でした。しっかりとした足取りで沿道からの声援にも応えながら、無事完走を果たし、大きな祝福を受けられました!
 
「雲州平田まちあそび〜バラ色の人生ゲーム〜とは?」
サイコロを振って各商店を回り、最終ゴールで所持金(仮想券)を多く集めたチームが勝ちとなるゲームで、各商店には人の一生になぞられたストーリーが設定されており、速さではなく、ゆっくりと町を楽しみながら行なわれました。
 
歴史を重ねたイベントから今年新たに取り組んだイベントと地域が大いに盛り上がった一日でした。

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

015377
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161