出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2014

 

ブログ2014 ~駆け馬に鞭~

ブログ2014 ~駆け馬に鞭~
フォーム
 
今年1年ありがとうございました
2014-12-31

2014年も残りわずかになりました。

今年1年皆様には大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。

今年は行財政改革に取り組むため、昨年から行財改革特別委員会で議論してきた公共施設64施設の統廃合への方向性を出しました。今後具体化する中では様々な議論があると思いますが、すぐにでも手を付けられるところから取り組んでいかねばならないと考えています。

来年度は手数料や使用料の見直しが図られ、市民の皆様にご負担を強いることもありますが、ご理解をいただきながら行財政改革にご協力をお願いしたいと思います。

国では年末に総選挙が行われ、自民党・公明党が再び政権与党として国のかじ取りを任されることになりました。景気の回復(何より地方の実感)、地方創生、少子高齢化対策、近隣国をはじめとする外交問題など難問山積みですが、今回腰を据えて諸課題に取り組んでいく環境と時間が与えられたと思います。しっかりと取り組んでもらいたいと思います。

また今年は、高円宮典子様と千家国麿様のご結婚やとりわけスポーツ界では錦織圭選手の大活躍、東京オリンピックへの出場も夢でない柔道の佐々木健志選手の躍進など明るい話題も多い1年でした。

「駆け馬に鞭」のタイトルで今年ブログを更新してきましたが、十分に情報発信ができかねたと反省しております。

新年に向かって、最後の鞭を入れ、今年の納めとさせていただきます。

改めて1年間ありがとうございました。

来る年が皆様にとりまして、良い年になるよう祈念申し上げます。

 
出雲市議会 12月議会閉会
2014-12-20

出雲市議会の12月議会が閉会し、上程された予算案9件、条例案17件などすべて可決しました。

長岡市長は閉会にあたり「今年1年を振り返りと大きな出来事として高円宮典子様、千家国麿様のご婚約ご結婚の慶事があり、末永いお幸せを市民とともにお祈りしたい。また第26回目を迎えた出雲駅伝が台風のため中止になったことは残念でありましたが、先日行われたしおかぜ駅伝(益田―浜田間)では出雲チームが優勝、雲州平田チームが3位、大社チームが9位、斐川チームが10位とベスト104チームが入るという素晴らしい成績で、駅伝が市民スポーツとして良い結果が出ており、高校駅伝も含め駅伝が出雲の魅力になっている。

今回の総選挙では安倍政権が継続するという審判が下りました。

今後経済対策、地方創生などを強く進めていくことを期待します。

来年の出雲市も行財政改革で依然厳しい状況でありますが、定住対策やシティーセールスなどにしっかりと取り組んでいきます」と1年を締めくくりました。

 
総務委員会
2014-12-17

出雲市議会の総務委員会が開催され、付託された案件はすべて可決しました。

「出雲市情報公開条例の一部を改正する条例」は、情報通信技術の進展や多様化する行政情報法公開への要望など、近年の社会情勢の変化に対応し、市民への積極的な説明責任を果たすことができる情報公開制度のあり方を諮問していた出雲市情報公開審査会からの答申を受けて条例改正を行うものです。

審議では、「電磁的記録」のセキュリティー、特に改ざん防止策ができているのかとの問いに「年内に運用細則を作成するなかで、改ざん防止策を示していく」と答弁がありました。

市民からも情報公開条例の改正を求める声があり、今回の改正で他市同様の内容になります。

「出雲市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例」は、国の人事院勧告の趣旨等を踏まえ、一般職の給与月額を平均0.3%引き上げ、一般職・特別職(市長、副市長、議員など)の期末手当を0.15%引き上げることなどの条例改正を行うものです。

審議では、特別職も自動的に連動して上げるのは疑問だとの問いに「自動的に引き上げを行うのではなく、人事院勧告では一般職だけでなく指定職(特別職)についても同様の勧告があったので引き上げた」と答弁がありました。

委員会では全員一致で可決しました。

 

 
出雲市議会 一般質問3日目
2014-12-12

出雲市議会の一般質問3日目は8人の議員が質問に立ちました。

真誠クラブの萬代輝正議員は指定管理者制度の見直しと次回更新に向けたスケジュールについて執行部に質しました。

執行部からは「現在出雲市で指定管理者制度を導入している施設は86施設で今年度92500万円管理料を支払っている。これまで応募は原則公募としているが、民間参入が少なく競争の原理が十分に働いていない。幅広い周知が必要だと考えています。今後引き続き指定管理者制度にするのか直営にするのか、公募・非公募などについて検討を行い、今年度中に運用指針やマニュアルを作成し、来年度6月公募・8月候補者選定を行う考えです」と答弁しました。

指定管理者制度については、現在総務委員会でも同様な検討を行っており、年度中に提言をまとめていく予定です。

また同じく真誠クラブの板垣成二議員は、出雲市の財政状況について特に歳入面は当初予測よりプラス要素があるので見直しを図る考えがないか質しました。

執行部からは「国が示した方針では、合併した市町村にある支所に要する経費、人口密度増し、面積要件などを交付税算定に考慮するなどプラス要素もあるが、これまで設けられていた別枠加算の廃止や特別枠の縮小などマイナス要素も検討されており、現段階では平成27年度以降の見通しは困難です。国の動向を注視しながら、見直しを行っていきたい」と答弁しました。

財政指数はいずれも改善傾向ですが、依然数値自体は全国的にもかなり悪い状況です。

行く道は困難ですが、次世代へつけを回さないためにも不断の覚悟で財政健全化に向け取り組んでまいります。

 
出雲市議会 一般質問2日目
2014-12-10

出雲市議会の一般質問2日目は8人の議員が質問に立ちました。

真誠クラブの伊藤繁満議員は、斐伊川中流部で進行する河床低下が治水や利水に悪影響を及ぼしていることから、その対策を強化すべきと執行部に質しました。

執行部からは「現在河床低下の対策として砂ぜきを設けているが、事業費は2000万円に上る。今後河床低下が進行すればさらに砂ぜきも長くなり費用もかさむので、床止め工設置など抜本的な対策が必要と考えています。国も現状を認識しており対策を検討中です」と前向きな答弁がありました。

同じく真誠クラブの寺本淳一議員は、教育委員会が学力調査結果(数値)を公表しない判断をしたことについて教育委員会の見解を質しました。

教育委員会は「学力調査の結果については、校長やPTAなどから意見聴取を行ったが、数値の公表についてはマイナス面の意見が多かった。

主な意見は、①学校の序列化につながる②職員避難につながりかねず教員負担になる③特色ある教育ができにくくなる④小規模校では個人の成績に影響されるなどがありました。

現状では学校、家庭、地域の共通理解が進んでいないことから今年度は公表を見送りました。

全体的に『書く』『読む力』が課題であり、各学校で学力向上への取り組みや改善に取り組まねばなりません」と答弁がありました。

学力調査を受け出雲市では数値公表は見送ったものの、学校毎に課題とその克服に向けた改善策を示しました。

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

014766
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161