出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2014

 

ブログ2014 ~駆け馬に鞭~

ブログ2014 ~駆け馬に鞭~
フォーム
 
議会のIT化
2014-04-16
昨年出雲市議会の議会運営員会は逗子市議会でタブレット端末を利用した「クラウド文書共有システム」を視察しました。
その後出雲市議会でのタブレット端末利用による文書共有化や電子化に向けて、ICT活用調査研究会の協力を得ながら取り組んでいます。
3月議会では20名の議員が常任委員会での実証実験に参加しました。
参加した議員からは、見慣れているのとメモの取り方がわからないので現時点ではペーパーの方が利用しやすい。全体を見るとき画面が小さく見にくいとの意見がありましたが、おおむね高評価で今後の活用にも前向きな感想が聞かれました。

今後本格導入に向け、執行部とも対象文書や文書作成にかかる工数など課題を整理しながら、タブレット端末の導入方法、文書共有システムの選定、運用規定について調査を進めていきます。
現状議員間にもスキルや意識に差があるように思います。
丁寧な説明と講習を重ね誰もがストレスなく使えるよう環境整備をしていくことが何より大切です。
私も数十頁に及ぶ基本計画や報告書などはすぐにでもデジタル化を願っていますが、完全ペーパレスでの会議には不安を感じています。
議会活動や経費面などで文書のデジタル化やペーパレス化は非常に有益であります。
理解を得ながら実施に向け進んでいきたいと思います!
 
入学式
2014-04-09
本格的な春の訪れとともに入学式など心弾む季節になってきました。
母校・平田小学校の入学式は、真新しい洋服に身を包んだピカピカの1年生54名が6年生に手を引かれ入場しました。
入学児童の呼名は元気よく大きな返事ができ、終始行儀よく式に臨む姿に早くも成長の兆しを感じ嬉しくなりました。
在校生たちも1つ学年が上がり、張り切って新入生を歓迎する姿は、良いお兄さんお姉さんとしてしっかりとお世話をしてくれるものと感じました。
平田小学校は、明治6年に開校した島根県で最初の小学校です。
平田小学校の生徒は「はすだっこ」として大きく成長していきます。

は・・・はきはき話す子
す・・・すすんで取り組む子
だ・・・だれにもやさしい子
つ・・・つよい心と体の子
こ・・・こんき強くやりぬく子

各地で夢や希望を抱いた新学期・新年度がスタートしました。
気持ち新たに頑張っていきましょう!
 
火災と救急の概況
2014-04-04
平成25年の火災・救急の概要が発表されました。
 
[火災]
火災による出火件数は63件で、前年比10件の減少です。
種類別では建物火災が27件、たき火によるその他火災が15件でした。
特に河川や田んぼでのたき火は、監督不行き届きで思わぬ広がりを見せたようです。
管理者の責任ある行動が求められます。
また昨年は平田小学校体育館が全焼するなどの大きな火災がありましたが、死者はありませんでした。
実感がわかないかもしれませんが、現実には5.8日に1件の割合で火災が発生していることになります。普段からの火災予防に対する意識を高めていきましょう!

[救急]
救急件数は、6085件(前年比232件増)、搬送人数5687人(前年比283人増)といずれも前年比を上回りました。
特に救急出場件数が6000件を超えたのは出雲消防本部では初めてのこととなりました。
種別では、急病での出場が3950件と全体の65%を占めます。
傷病の程度別では、軽症患者が2725人と全体の約50%を占めます。
1日平均の出動回数は、16.6回に上ります。
9月議会で初期救急体制について一般質問した際、総合病院へのコンビニ受診の弊害を指摘しましたが、救急搬送についても今後の検討課題であります。
また、昨年は出雲大社の大遷宮による観光客の増加に伴う出動も多かったようです。 
一人一人が生活に注意を払い、暮らしやすく安心安全な街を作っていきましょう!
 
旅立ちの時
2014-03-29
3月もあと数日となりそれぞれに別れと旅立ちの時を迎えています。
私は今年母校である平田中学校と平田小学校の卒業式に参列しました。
平田中学校は、178名の卒業生が希望を胸にそれぞれの進学先に旅立っていきました。
今年の平中は、野球部、卓球部は全国大会で、剣道部、新体操部、水泳部、吹奏楽部、合唱部は中国大会で活躍するなど誰もが力を発揮した学年でした。
山﨑校長は式辞で「これから自分のものさしを持って生きてください。それは学び、学び続ける謙虚な人であります。そして主体性を持って堂々と生きてほしいと」はなむけの言葉を送りました。
平田小学校は、75名の児童が巣立っていきました。
今年の6年生は、昨年9月に発生した小学校体育館の全焼という悲しい出来事を乗り越え卒業を迎えました。この間本人たちも大変なショックであったにも関わらず、最高学年として下級生の面倒をしっかりみてきた優しさやリーダーシップに感謝でいっぱいです。
この経験を糧に中学校でも素直に大きく羽ばたいてほしいと思います。
またスポ少の卒団式も団員や保護者にさまざまな思い出が駆け巡り、感動的な式になりました。
これから新しい生活を切られる皆さんの前途に幸多きことをお祈りいたしております!

 
新しいコミセンの完成
2014-03-27
 
四絡コミュニティセンターが新築完成し、行政、地元自治会関係者や工事関係者などの参加のもと完工式並びに祝賀会が開催されました。
この度完成したコミュニティセンター(以下コミセン)は、延べ床面積約1200?(従来の施設の1.8倍)で、最大300人を収容できる大ホールや調理室、和室、多目的室、図書館などゆとりある空間と多種多様な交流に対応できる出雲市最大級のコミセンです。
改築に向けて地元では期成同盟会を組織され10年に及ぶ活動が結実し喜びもひとしおのことと思います。この間市町村合併で整備計画に影響があったようです。
新市の一体感を作り上げていくため格別の理解をいただいたことに感謝と敬意を表します。
今後このコミセンが地域の「憩いの場」「地域の発展の拠点」になるよう願っています。
先日出雲市から今後のコミセン整備に関する基本的な考えが示されました。
コミセンは現在各地区に43配置されています。
その施設の過半数の22施設は築後31年以上が経過し、さらに耐震診断を検討する施設が13あります。
このような状況下、基本的な考えとして

[長寿命化~地域から長く愛されるコミセンへ~]
1、適時適切な維持管理による長寿命化
2、  効果的なリフレッシュ整備による長寿命化
3、 長寿命化が困難な場合、他施設の有効利用の検討
4、長寿命化が困難で他の有効施設の活用もできない場合、改築の検討

このような優先順位をつけ検討されていきます。

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

019798
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161