出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2016

 

ブログ2016 ~猿臂之勢~

ブログ2016 ~猿臂之勢~
フォーム
 
鰐淵寺国史跡指定
2016-03-29

出雲市にある名刹「鰐淵寺」が国の史跡に指定されたことを祝う会が、檀家・地元自治会をはじめ多くの関係者の参列のもと開催されました。

鰐淵寺は推古二年(五九四年)に智春上人が開創されたといわれる古刹で、出雲大社とも関係が深かったといわれています。秋の紅葉は特に美しく多くの来訪者が訪れます。また毎年弁慶まつりが行われることでも有名です。

出雲市は平成21年以降、鰐淵寺の境内などの発掘調査を行った結果、広大な境内地、大規模造成の痕跡などの歴史的価値を確認し、このほど平成283月に正式に国の史跡指定となりました。

祝賀会ではこれまでの経緯と価値を「出雲の宝 浮浪山鰐淵寺」と題し出雲市の花谷学芸調査官からの解説がありました。

「①古代~現代に寄り添ってきたお寺②自然と風土が育んだお寺③多数の宝、特に古文書の価値は高い④中世期の姿をほぼ残しているお寺⑤今後も大きな発見が期待できるお寺」

 

鰐淵寺の佐藤泰雄住職は「多くの皆さんに支えられて国史跡指定を受け大変感謝しています。今後保存していくことが重要になってくるとともに、活用方法など課題もありますが、地域に貢献できるお寺にしていきたい」と謝辞がありました。

 

歴史的価値はもとより観光資源としても大いに期待がされます。

今回の祝賀会の実行委員の1人として、微力ながら今後の発展に尽くしていきたいと思います。

3代目J Soul Brothersの小林直己さんもテレビ番組で島根の好きなところに選んでおられました!

 

 
3月議会閉会
2016-03-22

出雲市議会の3月議会が閉会しました。

今議会に付託された議案は、予算案34件、条例案件37件、その他21件はすべて賛成多数で可決されました。

予算は一般会計7716000万円。最も多いのは福祉、子育て関係に2647800万円余りが計上されました。市の借金返済にかかる費用は135億円余りと、この2つで歳出の約半分を占めます。

年々増えていく福祉関係費に対応しながら、商工業費や建設費の確保も求められ、まだまだ厳しい財政運営は続きそうです。

閉会にあたり長岡市長は「地方創生も本格的に始まり、国の動きに対応した提案を今後追加していきたい。TPP、一億総活躍など国の動向に注視し、機敏に柔軟に対応していきたい。

行財政改革集中3か年の最後の年度になり、市民の声を傾け、丁寧に説明し、歩みを進めていきたい」と述べました。

 
別れと旅立ち
2016-03-12

各地で卒業式が行われ旅立ちの時を迎える時期になりました。

出雲市立平田中学校では、165名の生徒が3年間通った中学校に別れを告げ、夢や希望を胸に新たな道を歩きはじめました。

黒川校長は式辞でこれまでの頑張りを称え「夢や希望に向かって一生懸命立ち向かうこと。小さな努力を重ねていくこと。挑戦すること。失敗からも学ぶ大切さ。また思いやりやありがとうといえる感謝の心を忘れないこと。」を生徒に送りました。

常松PTA会長は「今までも、またこれからも無駄な1日はない。今日よりも明日が良くなるよう頑張ってほしい」とはなむけの言葉がありました。

卒業生を代表して三島直人さんが、三年間の様々な出来事を振り返りながら、時には衝突しながらも一緒に力を合わせて頑張ってきた同級生のこと、下級生へのエール、いじめのない学校生活を送るよう取り組んでくれた全校生への感謝、これまでお世話になった家族・先生・地域の人たちに感謝を伝えた答辞を述べました。

 

今年の3年生は、旧光中学校の生徒と一緒になって初めての卒業生で、不安なスタートであったと思いますが、様々なことを乗り越え、より固い絆で結ばれた生徒たちであったようです。

卒業生がそれぞれの夢に向かって、大きく羽ばたかれることを心から願っています!

おめでとうございます!

 
一般質問 3日目
2016-03-10

出雲市議会一般質問3日目も5人の議員が質問に立ちました。

真誠クラブの多々納剛人議員は、深刻になりつつある人出不足と雇用対策について執行部に質しました。

・出雲市の雇用状況

「平成281月の求人倍率は(ハローワーク出雲)1.35倍と高い水準にあります。新増設した企業や大型流通店の進出などのよるものですが、一方中小企業の人材確保は、建築・土木・医療・介護職で厳しくなっています」

 

・特に人材確保が深刻な福祉分野の対策

「高齢者の増加とサービス供給者の減という人口構造と介護報酬で単価が決まるなど産業構造の問題から、他の業種が良いとそこに流れる傾向がある。また対人サービスが不慣れな場合、離職になりやすい。市も新年度新たな対策を行うが、国や県に処遇改善などを更に要望していきます」

 

雇用が活発なことは良いことでありますが、業種による隔たりも大きく、底上げを行う業種、若者などの受け皿になる業種の誘致・育成など幅広い対策が求められます。

 
一般質問 2日目②
2016-03-08

私の一般質問2つ目は「ITを活用したまちづくり・人材育成について」、主に島根県が「島根発のRuby」を前面に押し出し、IT産業の振興を図っていることから、連携を深めていく必要性などを質しました。

島根県内では、この10年でIT関係の売上、IT従事者数がともに2倍になっているというデータもあるように、島根県はIT産業を県内産業の更なる発展を生み出す核として積極的に支援を行い、企業進出も増えています。

島根県や松江市ではRubyを中心としたIT産業を国内外に発信するとともに、それらを活用したまちづくりや人材育成が行われています。

 

・出雲市のIT産業振興策

「出雲市は市内にあるIT企業と一緒になってビジネスチャンスや人材育成を行っています。

平成274月には市内IT企業20社からなる“チーム出雲”を結成し、各社の強みなどを持ち寄って共同開発などを進めています。今後この“出雲スタイル連携”を進めていきたい。

またITコミュニケーションやIT技術向上への取り組みを支援しています」

 

私は松江市~平田~出雲市を結ぶ一帯を、IT産業の一大拠点にすべく「湖北情報ハイウエイ構想」とでも銘打って、島根県や松江市と連携を強化すべきと考えています。

そのための支援策も必要だと考えています。

 

また他市の事例でもあるように、空き家や空き施設にIT系の企業や若者が集い、仕事をしたり、地域課題に取り組んだりしています。

企業誘致と人材育成を積極的に図り、このような活用を推進していくことで、新しいコミニュティ、新しい価値が生まれていくと考えています。

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

014496
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161