出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2016

 

ブログ2016 ~猿臂之勢~

ブログ2016 ~猿臂之勢~
フォーム
 
後藤謙次氏の講演会
2016-01-29

政治ジャーナリスト・後藤謙次氏の講演会が開催されました。(県内企業主催)

この日は「今年の国政と参議院選挙」について、数日前に会食した安倍総理とのやり取りなど豊富な取材量に裏打ちされた講演でした。

噂されている参議院選との同時選挙については、「ない」との見立てでありました。

同時選をするには公職選挙法の関係で公示は623日しかなく、その日が「沖縄慰霊祭」の日であるため見送るだろうとの見解でした。会食した際安倍総理に質したところ否定されなかったとのやり取りも披露されました。

ただし、衆議院解散のタイミングを考えると・年内・総裁選任期切れ直前・任期満了くらいしかなく、今年後半の時間差ダブル選挙の可能性は高いとのことです。

今後注目すべき選挙は、424日投開票が行われる衆議院北海道5区補欠選挙で、この時自民党対非自民党の結集による戦いになっているかがポイントになってくる。

安保法を中心に野合勢力を結集しようという動きが本当にできるのか、参議院選を占う重要な選挙になるということです。

 

衆議院の定数是正の問題については、先日「713減」が答申されたが、人口比だけで決めて良いものか疑問に思う。(合区しかり)

量の比較と質の比較をきちんとすべきである。

また地方切り捨てのようで地方創生に逆行するのではないか?

等々の指摘は、もっともであり、国会でこのような意見にしっかりと耳を傾けた上で議論を深めてもらいたいと思います。

 

過去にこのブログで紹介したように講師の後藤さんとは、学生時代から親しくさせていただいており、約10年前には「ひらたCATV」の番組にも出演いただきました。(電話で国政の様子を伝えてもらいました)開局間もないころ自主制作番組が少ない中で、大変お世話になりました。現在はテレビ、ラジオ、雑誌で大変ご活躍されています。

記者時代の政治家や先輩が少なくなり寂しくなってきたとおっしゃっていましたが、より一層のご活躍を期待したいと思います!

 
出雲=名古屋線増便決定
2016-01-22

昨年329日に就航したフジドリームエアラインズ(FDA)の出雲=名古屋(小牧)空港線の往復2便化が決定しました。(期間:2016327日~1029日)

この路線は、12月まで74.1%と高い搭乗率ですが、冬場の搭乗率低下や出雲側からの搭乗率向上が往復2便化の課題となっていました。

そうしたことから、出雲市議会が声掛けをし、議会有志議員が行政・観光協会・商工関係者とともにキャラバン隊を結成し、今月4班に分かれ、愛知県を中心に三重県・岐阜県の行政機関・商工会議所・トヨタやスター精機などの企業23か所を訪問し、利用促進に向けた要望活動を行ってきました。

私は118日~20日に岐阜県大垣市、三重県四日市市、桑名市、松江に進出しているシネマレイを訪問しました。

またFDA本社に訪れ直接増便化のお願いをしてきたところですが、ちょうどその活動の最中に往復2便化が決定したとの知らせを受け、驚きと喜びもより大きなものになりました!

往復2便化による全体的な搭乗率の推移が心配もされますが、出雲=名古屋(小牧)間をわずか1時間で結ぶこの路線は、従来の往来の時間を大幅に短縮しており、観光面はもとより産業振興・連携の面でも大いに期待でき、期待されています。

 

 
本年の無火災・無災害を願って
2016-01-14

出雲市の消防出初式が、会場になった出雲ドームに出雲市消防本部150名、出雲市消防団1000名の出場のもと開催されました。

消防車両の観閲の後行われた出初式では、力強い分列行進や整然とした通常点検が行われるなど新年の決意を感じるものでした。

続いて行われた記念式典では、長岡市長が「昨年国内では鬼怒川の決壊や台風、火山の活性化など多くの災害に見舞われ、住民生活は脅威にさらされました。幸い出雲市には大きな災害はありませんでしたが、土砂災害特別警戒区域が多数存在し、いつ何時危険にさらされる可能性があります。それらに迅速に対応するためにも、地域での災害対応力の強化や予防・救急対応を積極的に推進していきたいと思います。消防団の力が確保できるよう装備・備品などの充実を図っていきたいと思います」と式辞を述べました。

河原基消防団長は「平成23年から始まった消防団再編計画も本年4月に終了します。新しい装備を活用し市民の安心安全を守るよう努めていきましょう。また本年7月には島根県消防大会、操法大会が出雲市で開催されます。消防本部と協力連携しながら、大会を成功に導くとともに出雲市消防団の存在を発揮していきましょう」と訓示を述べました。

近年消防団員の確保が困難な中で、献身的に取り組んでいただいている団員の皆様に敬意と感謝を申し上げます。

火災、災害のない1年であることを願っています!

 

 
新成人の門出
2016-01-12

“新成人、おめでとうございます!”

平成28年の出雲市成人式が開催され、1905名(男性:975名、女性:930名)の新成人の門出を祝いました。

長岡市長は「新しくいろいろな権利も発生するが、同時に果たしていかねばならない義務も生じてきます。それぞれが責任ある行動をして頑張っていただきたい。また感謝の気持ちを忘れず、自分だけでなく他者や地域などいろいろな場面で貢献できる人になってもらいたい」と述べ、最後に恒例となった新成人へのはなむけの「頑張ろうコール」を会場の参加者全員で行いました。

新成人を代表して荒木紫穂さんは「命の大切さや家族の大切さを後世に伝えるために自分の夢に向かっていきます。そして感謝の気持ちであふれる出雲市になるよう願っています」、加藤理さんは「水泳で東京オリンピックに出れるよう頑張る。困難や課題もあるが自分のペースで打ち勝っていきたい」と決意を述べました。

また中学校でお世話になった先生が登壇し、在学中の思い出やそれぞれの先生の表現でお祝いメッセージが伝えられました。

全国的には大荒れの成人式もあったようですが、大人の仲間入りをした自覚と責任が感じ取れる良い式典でした。

“それぞれの夢の実現へ向かって大きく羽ばたかれることを願っています!”

 

 

 

 
新年賀会
2016-01-11

新年を迎え出雲市、平田地域では新年賀会が開催され、各地より多くの関係者が新春を祝い、それぞれに交歓しました。

出雲市の新年賀会は、出雲市・出雲市議会・JAしまね出雲地区本部・斐川地区本部・出雲地域経済団体協議会の共催で行われ、今年はオープニングに出雲芸術アカデミーの講師が筝(こと)とバイオリンによる「春の海」を披露、また女子サッカーでなでしこリーグ入りを目指す「ディオッサ出雲F.C.」の選手が今年にかける意気込みを語るなど、例年以上に華やいだ新年賀会になりました。

長岡市長、来賓の溝口県知事ともに「昨年策定した地方創生の総合戦略を確実に実行に移していく」という決意の年頭の挨拶でした。

平田地域での新春互礼会は、平田商工会議所とJAしまね(平田地域)との共催で11回目の開催となりました。

大島治平田商工会議所会頭は「アベノミクスの経済効果は、地方ではまだ十分実感できていない。隅々にまで行き届くようしっかりと下支えをしていきたい」と年頭のあいさつがありました。

皆さん決意も新たに、和やかに新年を祝いあいました。

皆さんに、地域に良い1年でありますように!

 

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

014111
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161