出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2017

 

ブログ2017 ~木鶏~

ブログ2017 ~木鶏~
フォーム
 
1年のお礼
2017-12-31

平成29年も終わりを迎えようとしています。

本年も皆様方には大変お世話になりました。衷心より感謝申し上げます。

特に本年は、4月に市議会の改選がありました。

多くの皆様方のご支援やご協力をいただき、トップ当選で3期目の市政へ送り出していただきました。当選した喜び以上に期待にきちんと応えていかねばならないという責任の重さに身が引き締まる思いでおります。

私はこの選挙戦でのキーワードを「躍動」としました。

出雲地域の若者たちの躍動感あふれる活動、そんな躍動感ある出雲市にしたいとの思いを込めました。

行財政改革は着実な成果を上げているとはいえ依然道半ばであり、また解決すべき課題も山積していますが、少しでも明るい展望が開ける出雲市にするため尽力していきます。

また本年は8月に父が亡くなるという非常に悲しい出来事がありました。

突然のことに信じられない思いでいましたが、感謝とともにこれからも様々なところで父と向かい合い、父の声を聴きながら歩んでいきたいと思います。

 

本年は干支にちなんだブログのタイトルを「木鶏」としました。

木製の鶏のように、強さを内に秘め、敵や物事に対して少しも動じないことのたとえで、

自分を見失わずぶれない気持ちでやりぬく覚悟を示すタイトルとしました。

大きな喜びや大きな悲しみのある落差の大きい1年であり、そのような心持で入れたのか厳しいものがありました。

ただ、多くの人に支えられていることを実感し感謝する1年でありました。

 

本年の皆様方のご支援に改めて感謝申し上げますとともに、来るべき新年が皆様にとり良い年でありますようご祈念申し上げ年末のご挨拶といたします。

ありがとうございました。

 
12月議会閉会
2017-12-26

出雲市議会の12月議会が閉会し、上程された予算案4件、条例案5件などすべて可決しました。

補正予算では、平成30年度から預かり保育事業を開始する幼稚園(高浜、荒木、長浜、遥堪)のエアコン設置費や消防庁から送信される緊急情報に迅速に対応するためのJアラート新型受信機の更新費用が予算化されました。

長岡市長は「今年は12月の年初は寒波の襲来で様々なところに影響が出ました。4月には「日が沈む聖地出雲」として日本遺産に認定され全国に発信することができました。夏から秋にかけて若い力の活躍が顕著でありました。また県内の自治体では初の「手話条例」が成立するなどした1年でありました。来年はさらに力強く飛躍できる出雲を目指していきたい」と1年を締めくくりました。

 
建設水道委員会
2017-12-19

建設水道委員会が開催され、平成30年度から39年度に整備を予定した「第2次幹線市道10か年計画」の整備路線、選定方法、事業費などについて説明を受けました。

選定対象36路線より評価シートを用いて評価点に応じて4段階に分類し、評価点の高かった11路線を整備路線に選定しました。

この他第1次計画内で完成していない12路線を合わせた33路線が第2次計画路線となりました。

3番目に属するグループ13路線は整備候補路線として、期間内に全体の進捗状況を見ながら整備を進めていきます。

10年間の事業費は80億円を見込んでいます。

1次計画は、合併時の要望が多く計画路線も61路線に上った結果、第2次計画に先延ばしになった感は否めませんが、第2次計画の順調な進捗のもと、1路線でも多く整備候補路線にも着手できるよう進めてもらいたいと思います。

 

 
予算委員会 総括質疑
2017-12-12

予算特別委員会が開催され、予算全体にかかる総括質疑が行われました。

今年度の収入見通しでは、税収が前年度に比べ2、3億円増えそうである。

来年度予算の編成過程の公開について、1226日(火)各部署からの要求段階のもの、120日前後に財政部長査定後のもの、215日前後に市長査定後のものを市のホームページ上に公開する予定です。

また市長から「国の動向として、現在所得税の見直しや森林環境税の新設などが議論されている。そして財務省等が財政調整基金などの基金が積み上がっていることを理由に地方交付税や地方への財政配分の見直しなどに言及し始めていることに懸念している。今後の議論を注意深く見ていく」と発言がありました。

基金は、地方にとって余裕財源ではなく、将来への備えや緊急対応に要する財源であり慎重に議論してもらいたいと思います。

 
一般質問
2017-12-11
出雲市議会の一般質問があり、12月議会に先立ち発表された斐川中央工業団地南工区で発見された出雲国山陰道遺跡が国史跡指定を受けることに伴う開発の断念、出雲村田製作所周辺の交通渋滞対策、オリンピック・パラリンピックへの対応、大社門前町を中核とした観光振興などについて20人の議員が質問に立ちました。
・出雲村田製作所周辺道路については、プロジェクト会議を3部署で組織し対策を検討して   おり、右折車線の整備など短期中期長期にわたる対策をしていく。
・オリパラの事前キャンプ誘致については、スポーツ特別事業室を設置し、フィンランドチームの誘致活動を行っている。中海宍道湖圏一体となりアイルランドへ接触している。
 また出雲ドーム周辺にソフトボールチームの誘致を行っている。
・大社門前町は計画的に整備を推進していく。
またホテル用地として利用された駐車場の確保が課題であり、出雲大社周辺全体の駐車場対策が必要です。
 

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

013974
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161