出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2017

 

ブログ2017 ~木鶏~

ブログ2017 ~木鶏~
フォーム
 
予算特別委員会
2017-03-07

出雲市議会の予算特別委員会が4日間の日程で開催されました。

初日は予算全般の総括質疑、行政改革部、総合政策部、総務部、消防本部、財政部、出納室、議会事務局、監査委員事務局、公平委員会所管の予算について審査しました。

総括質疑では長岡市長は「国では過去最大なる97兆円の予算が衆議院を通過し年度内成立が確実になりました。景気対策などに期待をしているところです。出雲市の来年度予算は限られた財源で最大限の効果が出るよう編成しましたが、市長選を控え政策的新規事業は6月議会に上程したい。子育て予算については、十分でない点もあるかもしれないが、他の施策より優先して考えている。状況を見ながら有効な策を打ちたい」などと述べました。

災害対策費として、大規模災害に備えた業務継続計画(BCP)の策定に向けた予算が計上されました。私は東日本大震災の後、多くの自治体にBCPが策定されておらず、自治体が混乱したことからBCPの策定をするよう平成23年度6月議会で質問しました。

当時の担当部長からは、策定に向かって努力したいとの答弁がありました。

この間5年以上が経過し、昨年には鳥取県中部地震もあり災害が身近にあることを実感しました。策定に向けた取り組みを了としながらも、もっと早く取り組むべきであったと指摘しました。

また予算特別委員会の副委員長として、活発で真剣な審査ができるよう宮本亨委員長をサポートしていきたいと思います。

 
一般質問
2017-03-03

出雲市議会の一般質問が3日間の日程で行われ、19名の議員が質問に立ちました。

1月下旬にあった大雪で交通機関や生活に支障があったことから除雪対策について、地域防災計画の中に雪害対応を入れるべきではないか、小中学校などに小型除雪機を導入してはどうかなど執行部に質しました。地域防災計画への記載については別に除雪計画があること、また小型除雪機については有効な手段としながらも運転時の危険性に考慮しながら今後検討したいとの答弁がありました。

また私のブログに匿名で問い合わせがあった件も、この場で回答します。

大雪警報が発令された際、他市のホームページではその旨の注意喚起がされていたのに出雲市のホームページには記載がなかったが、対応すべきだとのご意見でした。

担当課からは、トップページの「出雲の天気」で確認できるということですが、同じくトップページにある「災害・緊急情報」で一目でわかるようにすべきだと考えます。今後わかりやすい工夫をするという答弁がありましたので確認していきたいと思います。

投票率の低下については、背景に生活と政治の距離が開きつつあること、若年層はめんどくさい・無関心であることなどが考えられる。

対策として、魅力ある市政、議員が求められ、市政への住民の参加・関わりが深くなるよう情報発信などに努めていきたい。

また大型ショッピングセンターでの期日前投票が可能か来年度検討をしていきたいとの答弁がありました。

 
竹島の日
2017-02-25

平成17年に島根県の条例で定められた「竹島の日」の第12回記念式典が、内閣府大臣政務官や国会議員11名の出席のもと開催されました。

竹島は、現在韓国が警備隊を常駐させ、現在に至るまで不法占拠を続けています。

竹島は敗戦後の日本の領有権をめぐり、連合軍が竹島を日本の領土と認めたことに対し危機感を抱いた当時の韓国政府が、1952年のサンフランシスコ講和条約発効前に、勝手に李承晩ラインをひき、韓国の領土だと主張しています。

しかし、これは明らかに国際法に反した行為であり、本来領土問題は存在しません。

溝口島根県知事は、国政の場で領土権確立に向けた動きが加速されるよう要望しました。

条例が制定された平成17年、当時私は(社)日本青年会議所の島根県の会長を務めており、島根県に教育現場で竹島について正しく教える旨の請願を行いました。

これまでに平成23年から小学校、平成24年から中学校で竹島に関する授業が全国で行なわれるようになりましたが、この度次期学習指導要領の改訂で「竹島は日本固有の領土」と明記されたことは格物の思いがあります。

テレビのインタビューでも、まだまだ国民に広く浸透していません。これを契機に広く国民の共通課題となるよう望みます。

日韓関係の友好発展を願うものではありますが、日本の主権に関わることであり、政府には毅然とした対応を要請します。

 
3月議会開会
2017-02-23

出雲市議会の3月議会が開会しました。【会期 23日間】

通常3月議会では、冒頭に新年度に向けて市長の施政方針が示されますが、4月に市長選があるため今議会ではありませんでした。(改選後の最初の議会で行われます)

しかし3月議会は一般会計や特別会計の新年度の当初予算を審議する重要な議会です。

新年度がきちんとスタートするためにもしっかりと議論していきたいと思います。

その一般会計の新年度予算は、一般会計777.6億円(前年比0.8%増)で継続的な事業を含む通年予算として編成され、新規の政策的経費については市長選後の6月議会で補正予算として計上される予定です。

開会にあたり長岡市長は「今議会は出雲未来図では今年度が前期5ヵ年の終了、まち・ひと・しごと総合戦略では推進会議での評価・見直し、行財政改革では集中3ヵ年の進捗・成果など重要な計画の検証・見直し・報告をする節目の議会です。

また予算編成では、地域経済の活性化や次世代への人材育成が図れるような予算としました」と発言がありました。

 
事務所開き
2017-02-22

出雲市議会選挙(4月2日公示・9日投開票)、3期目の挑戦にあたり事務所開きを行いました。

当日は天候にも恵まれ、推薦をいただいた自治協会・自治会・団体をはじめ後援会、同級生、親戚の皆さんなど大勢の方の前で、これまでご支援いただいたことへの感謝と3期目への決意と抱負を述べました。

「昨今の国際情勢を見ていると、改めて私は日本に生まれてよかった。出雲に生まれてよかったと思います。この素晴らしい故郷を次世代にしっかりと残し伝えていくために一生懸命に頑張っていきます。

現在出雲市で最重要課題として取り組んできているのが行財政改革であります。行政指数は改善していますが、その過程において住民の皆様に負担や痛みを伴うものだといわれています。確かにそうした側面があることは承知しておりますが、私は行財政改革により新たな行政課題にも対応していける弾力性のある財政にすることは重要だと考えています。

地方創生は自治体間の知恵比べだと思っていますが、それを行政側だけに任せるのではなく私自身幅広い視野を持ちいろいろな提言や情報提供などを行っていける議員になりたいと思います。

また特に地域課題に対する取り組みをこれまで以上に取り組んでいきたいと思います。

出雲市では453人人口は増えたとの喜ばしい状態でありますが、平田地域を見れば1600人の人口減少です。空き家も多くなった実感がしました。

支所、体育館、コミセン、学校再編問題など皆様の意見をしっかりと聞きながら、取り組んでいきたと思います。

3期目、任して任せられる議員になれるようしっかりと頑張ってまいります。

これまで以上のご鞭撻とご支援をお願いいたします」

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

019800
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161