出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2017

 

ブログ2017 ~木鶏~

ブログ2017 ~木鶏~
フォーム
 
平田ママさんバレー
2017-11-07

13回平田ママさんバレーボール選手権大会が開催され、参加8チームはチームワーク良く元気いっぱいのプレーが繰り広げられました。

試合結果は、平田同好会が大会7連覇を達成しましたが、3セットまで行く試合も多く好ゲームが続きました。

同日山口県で開催されている全国家庭婦人バレーボールことぶき大会には平田支部の3名が島根県代表として参加し、勝利に貢献しました。

また試合前今年8月に開催された全国ママさんバレーボール大会で全国24名の派遣審判員に選ばれた平田支部の審判部長 桑原寿美さんから大会の様子などの報告がありました。

「全国大会ということで、とても緊張しファールをとるのにも緊張しましたが、お互い励ましあいながらやりました。審判長から最後に“Do your best with smile” 経験は次へのステップというメッセージをいただき、感無量になりました。必ず行くんだという強い意志のもと取り組んだ経験を大切にしていきたいと思います」

選手として審判員として全国で活躍するメンバーが平田支部からでることは、大変うれしく、また他のメンバーの励みになりました。

 
自民党圧勝
2017-10-26

1010日に公示になった衆議院選は、自民党・公明党の与党で310議席を獲得し定数の3分の2を超えるという結果になりました。

島根県第一選挙区では応援していた細田博之候補が勝利、第二選挙区でも竹下亘候補が圧勝、また比例区では旧知の三浦靖氏が当選と今後ますますのご活躍を期待したいと思います。

今回の選挙、憲法改正、北朝鮮問題、安全保障、教育無償化など活発な議論を期待しましたが、有権者の関心はテレビ等で連日繰り広げられた政治ドラマに関心を寄せられたのではないでしょうか。特に小池都知事に対する期待が失望へ、「排除」の論理を持ちだしたら自らが「排除」される方へと一気に潮目が変わった様子は、政治の怖さを感じました。

自らを省みて誠実に実直に活動・行動する大切さを改めて肝に銘じたところです。

また実感として実際の選挙戦はマスコミを賑わしていた高揚感はなく、全体的に低調さを感じていました。そのせいか16回連続で全国一であった投票率も60.64%と4位になるという残念な結果になりました。

すべての選挙で投票率の低下に歯止めがかからず由々しき状況が続いています。

私自身日々の政治活動の中でもっともっと政治に関心を寄せていただけるよう取り組んでいきたいと思います。

 

 
衆議院選公示
2017-10-10

9月28日に解散された衆議院の国政選挙が1010日公示され、22日投開票へ向けた選挙戦がスタートしました。

この度の衆議院選、政治情勢は解散を機に大きく変わりました。

特に小池東京都知事による新党の立ち上げ、民進党の分裂、新党へ合流・新たな政党の立ち上げなど連日テレビをはじめマスコミを賑わし、3極対立の選挙であるといわれています。

いろいろな見方がある中で、私はまず消費税を8%から10%への引き上げ時に幼児教育の無償化のための財源に充てることを示したことを評価します。

出雲市ではこれまで幼児教育や児童生徒への医療費無料化などは、全国どこでも同じにすべきだという考えで施策を行っていますが、その訴えが実現する第一歩になると考えます。

(個人的には制度設計の中所得制限を設けるべきではないかと思いますが)

次に今回現状政権を打破するためといって、主義主張より選挙に勝つことを選択した候補者が多いことにガッカリしました。

はっきりと「議員でないとやりたいこともできない」といった候補者もいましたが、仮にそのような考えの人が当選しても信用され、仕事を任されることがあるのでしょうか?はなはだ疑問です。私は地方議員でありますが「信なくば立たず」という言葉を今一度噛みしめたいと思います。

また前回の選挙では「地方創生」は大きな課題であったはずであり、全国ではその取り組みも緒に就いたばかりであります。東京・大阪・愛知といった「三都物語」構想が大きく取り上げられますが、地方の抱える課題は深刻で、今後もきちんと「地方創生」に取り組んでいく政治を期待します。

最後に私はこの選挙戦、小選挙区は細田博之候補(島根県第1選挙区)、竹下亘候補(島根県第2選挙区)、比例区は自民党を応援します。

 

 
9月議会閉会
2017-09-29

出雲市議会の9月議会が閉会しました。

上程された予算案2件、条例案7件などはすべて可決、決算18件はすべて認定されました。

決算特別委員会では、行財政改革を進める長岡市政において平成28年度決算は着実に財政指標が改善するなど評価されます。一方、堅実な財政運営を評価するからこそ、公債費(借金返済)など義務的経費をコントロールすることで、投資的経費などメリハリのある施策に振り向けることができるのではないかと考えます。

指定管理者による0円施設について、全体像が分かりにくい施設もあり、改善を促す意見がありました。

また条例案件では、多くの市民が手話に触れ、関心を持つなど手話への理解を一層深め、ろう者とろう者以外の者が互いに認め尊重しあう地域社会の実現に資するための「出雲市手話の普及の推進に関する条例」が可決し、島根県内では初めての条例となりました。

 

 
桐生選手&土江コーチおめでとう
2017-09-10

桐生祥秀選手が、日本学生対校選手権100m決勝で「9秒98」の日本記録を更新するとともに、日本勢初の9秒台という快挙を遂げました。

高校3年生で日本歴代2位の記録を出してから、常に注目される中、先の世界陸上では個人種目代表から外れるなど、いろいろな葛藤もあったようでありますが、今回力強い走りで悲願を達成しました。

また大学から桐生選手を指導してきた土江寛裕コーチにもお祝いを申し上げます。

土江コーチは、地元出雲市平田町出身で自身も短距離走者として2度オリンピックに選手として出場するなど活躍しました。

土江コーチには私が平田小学校のPTA体育部長の時、母校の児童のために講演をお願いしたことがありました。

快く引き受けていただき、今では日本代表の代名詞となったアンダーバトンパスの生みの苦労、外国小学生他校との選手と競争するときのプレッシャーなど興味深い話をしていただきました。

これから東京オリンピックに向かって、桐生選手と二人三脚でさらに大きな夢が実現できるよう期待したいと思います!

*後援会の様子はこのブログの2011年10月を参照ください。

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

014937
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161