出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2017

 

ブログ2017 ~木鶏~

ブログ2017 ~木鶏~
フォーム
 
9月開会
2017-09-05

出雲市議会の9月議会が開会しました。【会期28日間】

今議会に上程された議案は、9月から新しい農業委員会に移行することに伴う24人を含む人事案26件、予算案2件、決算認定18件などです。

補正予算には、新体育館建設のための比較資料収集業務、今秋予定されている次期可燃ごみ処理施設の建設運営費の限度額などを審査します。

また今議会では、かねてより議論が行われてきた予算審査の方法を試行的に変えて行います。今までは議員の半分が予算特別委員会で審査してきましたが、全議員が委員会において予算審査に関われないこと、常任委員会での専門性の高い審査を求めることなどから、全議員による全体会と議案を各常任委員会で審査する分科会方式という方法で行い、議会運営委員会で課題などを整理し、今後の方針を決めていきたいと思います。

 
父との別れ
2017-09-04

私の父 飯塚普彬が821日、82年の生涯を閉じました。

前日の朝体調を崩し、病院に入りましたが、本人はもとより私たち家族もすぐに帰れるものだと思っていただけに、信じられない思いで一杯でありました。

前日まで日課であった散歩も行い近所の方々からも元気そうな様子だったのにと、お悔やみをいただきました。

父は、早稲田大学在学中に叔父である飯塚家に養子で入りました。

在学中は、祖父や叔父が竹下登元首相と親しくしていた関係で、竹下先生の長女・次女さんの家庭教師をしていたこともあるなど終生親しくお付き合いをさせていただきました。

大学卒業後は家業である飯塚豊市商店に入社し、家業に専念するかたわら青年会議所やPTA活動など社会活動にも積極的に参加し、多くの友人や先輩後輩と出会いました。

そうした皆様のご支援により、昭和58年島根県議会議員に初当選させていただき、以来520年にわたり務めさせていただきました。また平成11年には議長を務めさせていただくなど、これまでお支えいただきました地域の皆様はじめ友人諸先輩方、同僚議員の皆様に感謝と御礼を申し上げます。

子供のころより父にあこがれ、その背中を追ってきました。

到底かなわぬ存在でありましたが、父と話したことやどんな父であったか、これから少しずつ思い出しながら、父と向き合ってみたいと思います。

あまりに突然でまだまだ話したかったことや一緒にやりたかったこと、十分な孝行もできなかったことなど悲しみとともに後悔の念にも駆られるお別れになりましたが、残された家族一同、父と暮らした日々を大切にしていきたいと思います。

改めてこれまでお世話になりました皆様に衷心より感謝と御礼を申し上げます。

 

 

 

 
街並み整備を視察
2017-08-10

美しい景観をいかしながら街づくりに取り組んでいる長野県小布施町、松本市、滋賀県長浜市を建設水道常任委員会で視察しました。

小布施町は、葛飾北斎の原画などを展示する「北斎館」の開館を契機に歴史的建造物の保全や地域特性をいかした街づくりを進めようと行政と民間が一体となり整備を進めてきました。花のまちづくり運動とともに「外はみんなのもの、内は自分たちのもの」という意識が高く、家の外側は古い街並みを残しつつ、新築は既存の建物と調和するような景観づくりが行われていました。特に関心を寄せたのは、登録した住居の庭を観光客が自由に出入りできるようになっていた点です。住民理解の高さを感じました。

松本市は松本城の城下町と栄え、その中心市街地の異なる特徴を持つ5つの地区の個性をいかしながら街なみや環境整備を進めています。

地区ごとに年次計画を立て整備が進められていましたが、特に埋め立てられ住居もあるお濠を再度作り直す計画には驚きました。都市計画道路の整備も予定されており、長期的視点に立った計画づくりに感心しました。

長浜市は中心市街地で古い街並み保全や中核施設の整備などを通じ、回遊性が高まる授業に取り組んでいました。

いずれの事業も古い街並みを保全して行くことで統一感が生まれ、ひいては利活用に生かされていると感じました。

行政はもとよりではありますが、経済界や地元住民の理解と協力は不可欠だとも感じました。

私の地元にある木綿街道の街並み保全にいかしていきたいと思うのと同時に、道路拡幅に伴い失われていった本町通りの妻入り商家・家屋が今も残っていればと残念な思いをしました。

 
平田一式飾り
2017-07-21

平田地域に夏の訪れを告げる平田一式飾りの競技会が開催され、9町内1団体がそれぞれに趣向を凝らした一式飾りを平田天満宮に奉納しました。

平田一式飾保存会の大島治会長は「今年は、地元出身で東京在住の方から一式飾りを支援するための寄付をいただきました。昔作製した記録誌がなくなってきたので、新しい記述などを加えた記録誌の作製に寄付金使わせていただき、貴重な伝統文化を後世に残していきたい」と感謝を述べるとともに力作ぞろいの作品を制作した団体をねぎらいました。

 

今年の一式飾り競技大会の成績

【特選】 寺町(飾り題名)牛若丸と弁慶

【準特選】西町(飾り題名)侍ジャパン

【準特選】市場(飾り題名)金太郎の鬼たいじ

【アイデア賞】 ひらた蓬の会(飾り題名)シン・ゴジラ

 

10団体の作品は22日(土)まで、各飾り宿で飾ってあります。

明日の平田まつりに合わせてお出かけいただきたいと思います!

 

 
島根県経済交流懇談会
2017-07-20

第96回島根県経済交流懇談会が東京・帝国ホテルで開催され、北海道・東京・近畿・広島・九州山口など全国各地の県人会、島根経済クラブの会員はじめ溝口善兵衛島根県知事、県選出国会議員など来賓約100名が和やかに意見交換や懇談を行いました。

開催地を代表し東京島根経済クラブの三東崇秀会長が「今年は東京島根経済クラブでは地域貢献の一環として9月に萩・石見空港を利用し、益田・津和野・萩の視察を行いたいと思います」と述べられました。

各地の代表からもそれぞれの地区で、ふるさと島根に想いを馳せながら、PR事業などを行っている様子が報告されました。

私は10月の次回開催を主催する平田商工会議所を代表し「平田での開催日である10月13日は、折しも日本酒の発祥の地とされる佐香神社のどぶろく祭りの日であります。どぶろく祭りにも参加できるよう準備していますので、大勢の皆様のお越しをお待ちしております」と挨拶しました。

 

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

014937
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161