出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ 2018

 

ブログ2018 ~犬馬の労~

ブログ2018 ~犬馬の労~
フォーム
 
一般質問【1日目】
2018-12-10

出雲市議会の一般質問が始まり、初日は7人の議員が質問に立ちました。

真誠クラブの寺本淳一議員は「人材(労働者)不足対策について」市内の中小・小規模企業の人材不足が顕著で特に災害時の復旧などを担う建設業は深刻になっていることからその対策について質しました。

執行部からは「10年前より総人口に占める生産年齢人口の割合が減ってきている。サービス業や介護業で割合が増えているが建設業では大きく減少している。長期的に企業努力でできない就職セミナーの拡充や地元企業のPRなど人材育成・確保策を講じていきたい」と答弁がありました。

現在出雲市は企業誘致や増設など順調に進んでおり雇用の場が広がっていますが、反面業種により偏りも大きく雇用の確保が難しくなっているというジレンマを抱えています。

今後バランスの取れた雇用環境になるように官民ともに知恵を出していくことが求められています。

 
12月議会 開会
2018-12-04

出雲市議会の12月議会が開会しました【会期18日間】

12月議会に上程された議案は予算案3件、条例案12件などです。

補正予算では国の補正予算において創設された臨時特例交付金を活用して、エアコン未整備の小学校普通教室や幼稚園の保育室にエアコン整備の予算が計上されました。

この予算が可決すればすべての小学校普通教室や幼稚園の保育室にエアコンが整備されます。(中学校は整備済み)

 

開会にあたり長岡市長は「この度出雲ナンバー(地方版図柄入りナンバープレート)のデザインが決定しました。虹をイメージした色でヤマタノオロチをデザインした美しいもので、全国各地を走り回ってほしい」と述べました。

 

一般質問は12月5日(水)から4日間26人が質問に立ちます。

私は12月6日(木)4番目(午後1時予定)で「業務効率化に向けたRPA(Robotic Process Automation)の活用について」質問します。

 

 

 

 
永年勤続者表彰
2018-11-27

平田商工会議所主催による「第59回永年勤続商工従業員表彰式」が開催され、勤続10年以上59名の功績を称えました。

勤続50年の表彰を受けられた郷原栄さんは、受賞にあたり「これまで諸先輩、同僚、お客様にとても良くしてもらいました。辛いときもありましたが家内の助言や支えがあって50年元気に務めることができました。毎年勤労感謝の日には1年間元気に働けたことや家族の支援に感謝し家族とともに喜び合う日となっています。皆さんもこれから頑張ってください」と喜びとともに感慨深い挨拶がありました。

 

郷原栄さんは私の会社に昭和43年からお勤めいただき、今日まで3代の経営者を支え、社業の発展に尽くしていただいております。

私の子どものころからのお勤めで格別の思いで受賞を見守りました。

また私の会社からは、伊藤健さんが勤続40年、奥村巧さんが勤続15年の表彰を受けられました。

近年人材確保が難しい時代になってきましたが、今も昔も長らく勤めていただくことは事業者にとって大変ありがたく、地域経済を支えていただく原動力であると思います。

社業の隆盛、地域経済の発展はひとえに人材・人財によるものだと思います。

受賞者に敬意と感謝を表すとともに今後益々のご発展ご多幸を祈念いたします。

 
平田未来ビジョン~Hirata Diamond~
2018-11-21

平田未来ビジョン~Hirata Diamond~

平田商工会議所創立70周年を迎えるにあたり、出雲市また中海宍道湖大山圏域の中で平田地域の役割や将来像を示す平田地域の活性化のビジョンを策定しました。

ビジョン策定にあたっては平田商工会議所に事務局を置く「出雲市東部都市拠点地区活性化協議会」において、各方面の代表や地域住民が議論を重ね、さらに島根大学生や平田高校生を交えたワークショップを開催し、今後の方向性や振興策をまとめました。

 

「来たい平田、住みたい平田に  木綿の集散地から、人の集散地へ」

○交流人口・ファン人口から定住へ

○好立地を活かす

○湖西地域及び島根半島への結節点に

○中心部と周辺部のバランスの良さを活かす

○光る地域資源

○企業が元気

○人を活かす

 

「まちづくりのあり方(ハード整備)」

○新たな複合施設

 支所・平田コミセン・健康増進施設・市民活動施設

○駅周辺の機能強化

 道の駅、一式飾り常設館、観光案内所、特産品販売所

 

私も委員として参加しましたが、非常に活発な議論が行われまたワークショップでの高校生・大学生の視点や意見はこのビジョンに新鮮な息吹を与えてくれました。

このビジョンが画餅に帰すとならないよう、実現に向けて取り組んでいきたいと思います。

 
平田商工会議所70周年記念事業①
2018-11-13

平田商工会議所70周年の記念事業として取り組んできた平田高校との協働事業、平田高校2年生による地域課題解決学習の発表会が行われました。

それぞれ各クラスの課題は次の通りです。

「あずきによる地域活性化」(1組4班)

「交流人口増加策」(2組7班)

「空き家対策」(3組6班)

「商店街の活性化」(4組6班)

 

詳細なデータを収集・分析した提案や平田の魅力を発信するワクワクする提案などそれぞれ優れた提案を出してもらいました。

特に空き店舗や商店街の活性化策として「café」の出店への期待、地元食材を使った商品開発(ご当地バーガー、鍋、しょうゆなど)、木綿関連商品(バック、のれんなど)の開発など地元にある良さをいかしていこうという提案が多くみられました。

9月議会で私が一般質問した「空き校舎の利活用」について提案しているグループがあり、思いもよらない新鮮な提案に質疑応答にも熱が入りました。

 

残念ながら共通して平田のまちは“集まる場所がない”“賑わいのある場所がない”“人や若者がいない”と感じているようですが、それを何とか解決したいという思いが伝わる学習発表でした。

少しでもこれらの提案を実現できるよう私たちも取り組んでいきたいと思います。

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

017089
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161