出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ2019

 

~猪突猛進~

~猪突猛進~
フォーム
 
9月議会 開会
2019-09-02

出雲市議会の9月議会が開会しました。【会期26日間】

今議会に上程された議案は、条例案9件、予算案3件などの他、平成30年度の決算認定15件です。

今回の補正予算では、本年10月からの幼児教育・保育の無償化に伴い、国の制度改正への対応及び利用者負担を軽減するため市が独自に実施する第3子以降園児の給食費の負担軽減経費や歩行者の安全対策を強化するための予算が計上されました。

また開会にあたり長岡市長は「9月1日は防災訓練を行い災害時の対応など確認しながら実施できました。また8月23日には大社町を中心に出雲市に大雨が降り、今年県内初となる避難勧告(警戒レベル4)を発令し、避難所を設置しました。

災害時にいかに迅速に対応できる体制を作ることが大切か実感しました。

そしてこの夏も、若い力がスポーツや芸術の分野で大きく飛躍してくれ、出雲市を元気づけてくれました」と述べました。

 

 

 
市議会議長会の研修会
2019-08-09

島根県市議会議長会の議員研修会が開催され、日本地域創生学会会長や内閣官房シティマネージャーを務めておられる木村俊昭氏による講演がありました。

演題は「地域創生 五感六育®の創造」で地方創生に向けたヒントや示唆をいただきました。

五感「食、観、体、聴、香」

六育「知育、木育、食育、健育、遊育、職育」

・施策作り等には順番が大切

 ①地場産業(情報を足で集める)

 ②起業

 ③企業誘致(①、②の発展等に必要な企業を誘致)

・固定観念にとらわれない視点

・ストーリー性

 

現状を知ることが大切で、きちんと数字として捉えることにより取り組むべき方向性(目的・目標・使命)が明確になっていくことなど、企業経営やマーケティング的な視点や発想が取り入れられていう印象を受けました。

大いに参考になる研修でした。

 
環境経済委員会 視察2
2019-07-28

奈良県のほぼ中央に位置し大阪・京都・名古屋からの交通アクセスも良く、藤原京跡や橿原神社など古代の歴史の残る橿原市で観光戦略について視察しました。

外国人観光客は年々増加しているが、インバンドの伸び率は全国平均より低く、観光資源の更なる発信や飲食の場所・食品の開発に取り組んでいます。

特に中世の趣を現代に残している「今井町」の街並みや町並み保全の取り組みはとても素晴らしいものでした。

映画などのロケに使われることも多いようですが、まちは普段の生活空間であることから地元の理解を得ながら観光スポットになるよう取り組まれています。

景観を統一する取り組み、空き家対策など思い切った施策にそのまちを守ろうとする熱意を感じました。

 

日本有数のものづくりの大阪府八尾市では、産業振興策について視察しました。

平成10年に設立された産業振興会議が産業振興の牽引役となり様々な施策の提言を行っています。経産省との連携がとれ、スピーディーな対応が取れています。

今回の視察で特に感じたのは、施策等を推進するにあたりキーマンの存在と市職員などの現場周りによる現状把握の徹底が重要だということです。

 

 
環境経済委員会 視察1
2019-07-27

出雲市議会の環境経済委員会で産業振興や観光振興に取り組んでいる4市を視察しました。

兵庫県朝来市は数年前から竹田城跡が天空の城として有名になった町ですが、今回は産業連関表を作成しそれを施策にいかした取り組みを視察しました。

産業連関表とは、ある一定の地域を対象に1年間の生産された財やサービスがどういう費用構成で生産されたかを産業別に金額で表した統計です。

これを用いれば市内のどの産業に強みがあり、どれだけ外貨(他地域からのお金の移入)を稼ぎ、どれだけ市内循環したか分析ができます。

また観光や企業誘致、公共事業などの経済効果も図ることができるとされています。

朝来市では、この表を作成し市内産業の強みを把握し、その強みを活かすような施策展開が行われていました。

実際この産業連関表を作成するには、外部委託が必要になるようですが、非常に興味深い分析表で出雲市の傾向も把握したいと思いました。

 

奈良県桜井市は、神社や麺文化を通じて香川県琴平町とともに三麺交流を行うなど友好都市として交流がありますが、今回は観光施策について視察しました。

桜井市は日本最古の神社である大神神社をはじめ多くの歴史遺産に絶えず観光客が訪れています。

出雲市同様、通過型観光から宿泊型観光を目指し、企業誘致課と一体となったホテルの誘致に成功するなど取り組みが行われています。

増加しているインバンド対策については、「浅く広く」ではなく「深く刺さる」観光コンテンツを作ることやより詳細なターゲット設定を目的に「桜井市インバンド戦略」を改定しました。

コミュニティバス、観光タクシーとの連携による移動手段の確保策や旅行会社とともに宿泊ツアーを考案するなど積極的な取り組みは参考にしたいと思います。

 
平田一式飾り
2019-07-22

平田地域の平田天満宮祭奉納 一式飾り競技会が行われ9町内1団体がそれぞれに趣向の凝らした作品を製作しました。

近年一式飾り保存会の指導や普及活動により年々見ごたえのある立派な作品が多く、甲乙つけがたい作品に審査も大変悩みました。

今年から平田町にゆかりのある佐々木茂則氏から支援をいただき、芸術賞と創造賞の新設、またひらたCATV(準特選)からも新しい賞が贈られました。

特選  「ホーランエンヤ」(宮の町)

準特選 「手習い天神」(西町)

準特選 「横綱の凱旋」(寺町)

準特選 「伝統の踊り女出雲阿国」(元町)

アイデア賞 「日本の食文化」(栄町)

 

創造賞 「海獣の子供」(ひらた蓬の会)

芸術賞 「手習い天神」(西町)

芸術賞 「伝統の踊り女出雲阿国」(元町)

 

これらの作品は、7月27日まで飾り宿で飾られていますので、是非ご覧ください。

 

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

017685
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161