出雲市議会議員 飯塚としゆき オフィシャルサイト

 

ブログ2019

 

~猪突猛進~

~猪突猛進~
フォーム
 
平田高校、文科省の事業採択決定
2019-04-04

2019年度「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」の指定校に、平田高校が選ばれました。

この事業は2019年度から開始され、市町村・高等教育機関・産業界等との協働によるコンソーシアムを構築し、地域課題の解決等の探究的な学びを実現する取組を行う高等学校等を指定し、質の高いカリキュラムの開発・実践、体制整備を進めるもので、期間は3年間です。。
取り組み内容に応じ、①地域魅力化型②グローカル型③プロフェッショナル型の区分がありますが、平田高校はこの中の地域魅力化型として指定されました。

この地域魅力化型には、公募にあたり全国から公立52校、私立6校の58校の応募があり、審査の結果20校(公立19校、私立1校)が指定されました。

平田高校のこれまでの取り組みとともに、昨年は平田商工会議所70周年の記念事業の中で商工会議所との協働で平田高2年生が地域課題解決型学習を行ったことなどが評価されたのではないでしょうか。高校と商工団体のコラボは全国的にも画期的な取り組みのようです。

 

新しい時代の幕開けとともに、今後平田高校と地域が一体となって地域づくりやまちづくりが行われること、またふるさとへの愛着を育くむことなどとても意義深いものだと思います。

私たちもしっかりとサポートしていきたいと思います。

 

地域魅力化型

「地域ならではの新しい価値の創造に向け、地域をよく知り、コミュニティを支える人材を育成するため、地域課題の解決に向けた探究的な学びを、各教科・科目や総合的な学習(探究)の時間等の中で実施したり、それらを相互に関連させ、教科等横断的な学習を実現したりすることにより、カリキュラムの中に体系的・系統的に位置付けるなどのカリキュラム開発等を実施する」

 
新元号「令和」
2019-04-03

「令和」

 

新しい元号が発表されました。

「内平かに外成る」の古典から「国の内外、天地とも平和が達成される」との意味を込めて名付けられた「平成」から「初春の令月にして、気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という万葉集から引用され、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められた「令和」が新しい元号に決まりました。

 

国書からの出典は初めていうことですが、日本国の美しさや誇りを育み、また新しい時代の飛躍を感じさせる元号だと思います。

 

国内外に多くの課題を抱えた今日ではありますが、新元号に込められた思いを私たちは共有しより良い国を目指していきましょう。

 

 
県議会選挙始まる
2019-04-01

今春の統一地方選、島根県議会選挙も29日告示されました。

私は出雲選挙区では、5期目へ向け立候補された園山繁候補を応援していきます。

416年の実績はもとより、課題解決に向けた分析力、行動力、スピード感など非常に優れた手腕を発揮してこられました。

次の時代のリーダーとして大いに期待しています。

残念ながら無投票になった選挙区もありますが、出雲選挙区は定数を4名オーバーする大激戦区です。

この貴重な機会にぜひ皆さんの声を政治に反映させていただきたいと思います。

 

また県知事選については、出雲市議会自民協として大庭せいじ候補を推薦しています。

 
塩津小学校 閉校式
2019-03-25

出雲市立塩津小学校の閉校式が執り行われました。

塩津小学校は、青い海を眼下に望み、緑濃き山々を背に自然に恵まれた小学校であり、これまでに1260名を超える卒業生を輩出しました。

平成14年に全国公開された映画「白い船」の舞台となった学校としても有名になりましたが、今年度3名の卒業生が巣立ち、来年度は3名の児童数になることなどから、残念ながら閉校となりました。

 

長岡出雲市長は式辞で「塩津小学校の144年の歴史に幕を閉じるのは惜別の思いがします。小規模校の良さを活かし創意工夫をした素晴らしい教育活動を行ってきました。地域の方々をはじめ教育活動を支えていただいたすべての人に感謝を申し上げます」と述べました。

井上睦子校長は「塩津小学校の児童は、神楽を通してふるさとの良さを実感しています。

今年は“ありがとう塩津小学校”を教育の柱に地域と教育の総まとめを行ってきました」

と地域への感謝と新たな時代への活躍に期待を込めた挨拶がありました。

6名の児童もそれぞれ地域への感謝とこれからも自分たちにできることとして「挨拶、塩津・美保サロンへの参加、海岸清掃」の3つの誓いを述べました。

 

記念事業では、地域の方から教わった神楽をとても見事に上演しました。

学校・保護者・地域が強い絆で結ばれていることを強く強く感じる感動的な閉校式でした。

 
3月議会 閉会
2019-03-22

出雲市議会の3月議会が閉会しました。

上程された予算案20件、条例案20件などはすべて可決しました。

最終日の本会議では、各常任委員会と特別委員会の2年間の総括が報告されました。

私が籍を置いている「建設水道常任委員会」では、特に3つの項目について報告をしました。

【道路整備】

道路整備は、通学路の安全確保や地域経済を支えるとともに、生活に直結した整備であり、事業推進のため、国の補助事業等の必要な予算確保に努め、計画を着実に実行していただきたい。

【水道事業】

水道事業は、近年の節水機器の普及に伴う料金収入の減少、老朽化に伴う更新管路の増大、耐震性の向上や平成29年度の簡易水道事業の統合などにより、事業を取り巻く環境は大変厳しくなってきています。

今議会では水道料金の平均12.5%の引き上げの料金改定について議論し、今後の見通しや将来の安全で安定的な水の供給の観点などから、議案を可決しました。

やむを得ないと判断しましたが、より一層の経営努力をはかり、今後の負担軽減に努めていただきたい。

【下水道事業】

今年4月1日から公共下水道事業など5事業が地方公営企業法の全部適用事業となります。

公営企業化のメリットは、経営状況が明確になりより一層の経営意識向上が図れることです。

水道事業同様に、適切な施設の維持管理に努めながらも、未整備地域の早期整備を求めます。

 

真誠クラブ
飯塚としゆき後援会

〒691-0001
島根県出雲市平田町1136番地
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3161

017315
<<真誠クラブ 飯塚としゆき後援会 >> 〒691-0001 島根県出雲市平田町1136番地 TEL:0853-63-3161 FAX:0853-63-3161